すみっこなペナルティファンブログ
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/04
ゆるゆると1年目突入
ペナルティファンになって1年が経ちました。
もともと熱しやすく冷めにくい、どちらかといえば粘着質な気質ですが、数年ぶりに天井知らずのファン探究心を湧かせております。
昨年の秋放映の「芸能人スポーツマンNO.1決定戦」をきっかけに、それまであまりテレビを見ていなかった私が、ペナルティを求めてブラウン管にかじりつくようになりました。
ファン歴1年経過の先月9月、唐突の踏ん切りではあったものの念願のDVDレコーダー購入、それとともに今まで体力的に諦めていた「パフォー!」を除く深夜帯のペナルティ出演番組を網羅できる幸せに、ますます否応なく昂ぶるペナルティオタク道追求です。
一層の暑苦しい探究心向上を誓ったところで、先週ウチの地元で深夜帯に放映された謎のペナルティ冠特番の感想、さっくりいかせていただきます。
つづきを表示
スポンサーサイト
09/06
リアルサッカーばか蔵(達)
明朝3:30までに起床の超個人的使命がある一ジャパンサッカーファンの為、暑苦しくもごく簡潔に。

本日BS1にて放映された「サッカーW杯最終予選直前特集」。いややっぱNHKらしい手堅さで分かりやすかったですわ。
NHKはスポーツとニュースに関しては浮ついたところがないのが好きなんですよね。ペナルティごり押しなところはもっと好きですけどね。

その昔アジアのリベロとして名を馳せた井原氏の噛み砕くような説明に、これまたサッカー名門校出身者ならではの素早い反応を示すペナルティのふたり。特にクレバーな語り口調のヒデさんいちいちDF目線。ジャパンブルーのアロハまで着込んじゃって、これぞ本気のサッカーばか蔵氏ですよカッコええなあ(惚)。ロンハーにおいての名誉挽回間違いなし。←あれは多分釜本氏押し総じてはガンバ押しのワンパターン攻撃が敗因だったのではないかと思われる。ヤンマー10の釜本人形笑ったけど。
そういえば私、ワッキーがまともにサッカー話してるの見たの初めてですよ.....本日サッカーばか蔵氏ふたりいるじゃないですか、カッコええなあ。
ワッキーもFW経験者として、今の日本代表の徹底的決定力不足を憂いているのは想像に難くない。
つか脇田さんの神がかり的勝負運に日本代表はあやかるがいいですよ。そのくらい決定力不足解消したためしがない日本代表。ただ泥臭くタフなプレーが特長的な巻選手と、決める時は綺麗に決めるスピードマスター佐藤寿人選手には、勝手ながらドキドキワクワク期待しております。

最後の最後で気付いたんですが、この番組って生放送だったんだ.....早よ帰って寝てください。
明日はキングオブコントの準決勝もありますんで、ペナルティのコントに支障をきたさないためにも(重要)、日本代表には敵地にて完膚なきまでに叩きのめす気力とそれに伴った結果を見せてもらいたいですな!

09/01
プロの立つ瀬がないからさあ
雨にたたられた24hTVを不眠不休のボランティアの方々には顔向けできない態で見ておりました私です。
フジの27hTVと同じ轍は踏むまい(=20時間以上視聴で頭ガッチガチ)と心に決めておりましたのにさらっとフリーキック対決のCMなんか流すんじゃない日テレ。僭越ながらペナルティファンでありJリーグ発足時からのサッカーファンでもある私、むしられるほどに後ろ髪を引かれては寝るわけには参りません。

『フリーキックの世界記録に挑戦!』
.....ほほう、またなんともものものしい企画にペナルティが。
いやふたりがサッカーエリートだってことは周知の事実だけれども、大宮アルディージャの小林大悟選手はウィキペディアにてフリーキックの名手のひとりとして数えられるほどの現役Jリーガーだし、木村和司氏に至ってはもはや日本サッカー界におけるフリーキックの神様といっても過言ではないお方です。
福西選手は外見もプレーも爽やかイケメンモテモテの元日本代表MFですから。
あらゆる意味で万にひとつもペナルティに勝ち目はないなあと浅薄サッカーファン鼻白む。
しかしなんですね、自転車チューブひねって作ったゴール左右上部の枠にボールくぐらすって、これいくらプロとはいえ、そんな簡単にするっとはいかんでしょう。
ほら、福西選手すら枠に当てるのが精一杯(後にワク王子と揶揄される)。
スポーツ万能出来てナンボ芸人のワッキーでも、まず無理。

って、ああ。

プロさしおいていきなり世界新記録27mキタ━(゚∀゚)━!

すっかり失念しておりました。脇田さん、ミラクル起こせる男でした。しかも生。
そして立て続けに28mの新記録を打ち立てるワッキー。ヒデさんは自分の記録もそこそこに(何気に許せないダイジェスト扱い)相方の獅子奮迅的大ハッスルに喜びを隠し切れない様子でいらっしゃった。
一方、本気で悔しがる神と苦笑いのJリーガー。日本サッカー、負けられない戦いがここにある。
まあ最終的には小林大悟選手が29mフリーキックであっさりワッキーの記録を覆すというキレイな三段オチにて締めくくってくださいましたので、なんとか面目は保たれましたなプロサッカー界。
Jリーグファンでありペナルティファンでもある私はえもいわれぬ気分ですことよ。

.....んん?ちょっと待て。

これはあくまでもワッキースタンダードであって、一般的アマ水準ではあり得んぞ。
「プロ超え当たり前」がびったし根付いている本人及びペナルティファン。
容赦なくものごっついな.....!

08/11
マッスルいただいた!
肉といえば、『はじめ人間ギャートルズ(ノットリアルタイム)』のマンモス肉が美味そうだったなーと思っていたけど、今やめっきり肉に執着しないお年頃になってしまった私です。しかし筋肉には執着する。
以下筋肉談義から始まります。ちゃんと「超いただきマッスル」の話題まで到達するかおなぐさみ。


07/20
よかろうもん半分マン
テレビはせいぜい頑張って3時間が限度。立派に軟弱な出来映えの私です。

それなのに隣県である福岡の7時間半ぶっ通し生放送開局記念特番にペナルティが出演するというCMを見てしまったから、これは辛い、ホントに辛い、DVDレコーダーを持っていない自らの甲斐性のなさとなまじのヒマ人加減を半ば恨みながらも、どうにかごまかしごまかし7時間半乗り切ろうと腹を据えたのでした。


以下は特番レポになります。メモオンリーですので不正確な面も否めません。ご容赦ください。


Copyright © 2005 反則ファンタジスタ.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。