すみっこなペナルティファンブログ
07 * 2008/08 * 09
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/28
ふり向くな君は狂おしい
「くりぃむナントカ」が来週で最終回らしいことに結構ショックを受けている私です。
見ようによっては答えのない国語的ゆるさが好きだったんですよね、「上田がバカならバカ騒ぎ」とか「有田山動物園」とか。

それにしても、脇田さんも放置プレイの憂き目に遭った昨夜放送分の「有田山動物園」は久々に体中の骨がきしんでどこかへ持って行かれそうなほど笑ったんですが、それでも終わりなんですか「くりぃむナントカ」。
昨夜の「有田山動物園」を思い出すだに、カンニング竹山氏編から笑いのスイッチがあまりに容易にポチっとな。
先々週ぐらい?に放送されたアンタッチャブル柴田氏編も笑いのドツボにぬかるんでしばらく抜け出せなかったので、さてワッキーが出る今夜(=昨夜)どうなることかとおかしな不安に苛まれておりましたら、幸か不幸か、予感が的中して笑いは度を越し生命トラフィックアタック状態(ぐらいの勢い)。
ちょっとまだいろいろやりたいことが多いんで勘弁してください脇田さん。
ヌルヌルの中でのイルカかアシカかセイウチかと見紛うばかりの嬉々とリズミカルなのたうちっぷりは言わずもがな、ホウレン草ポパーイ♪→ヌルヌル坂道チャレンジ→失敗→できるああ!!(ホウレン草投げつけ)×2のノリツッコミが、「完全に自分のものにしたな.....」とのくりぃむ兄さんの呟き通り美しい(謎)流れでしたな!

人並み外れた身体能力を笑いにオール還元するワッキーを、これからはリーサルウェポン・ワキタと畏敬の念を込めて呼ばせて頂きたいと思います。心の中で。

スポンサーサイト
08/25
O型をあなどってはいけない
これから10月までの改編時期にかけてどのくらいのクイズ番組が淘汰されるであろうか、不安と期待に鼻と胸をふくらます私です。
そんな恐れはほぼ間違いなくアウトオブ眼中の「ネプリーグ」に、中堅芸人軍団の一員としてペナルティが参戦。
しかも他のお三方ときたら、ケンドー・コバヤシ氏、メッセンジャー・黒田氏にサバンナ・高橋くん。
個人的に大好きな吉本芸人さんばかりではないか.....!このメンバーで面白くないわけがあるまい(ゴゴゴゴゴ)
始まったら案の定、息の合った集団コント(?)で黒田氏がイジられ放題虐げられ放題。黒田氏は黒田氏で、絶妙なノリツッコミにて自らを貶める始末。
職人芸のみならず、「ファイブボンバー」で3問パーフェクトを決めてくるあたり、笑いの神もクイズの神もついている中堅芸人軍団.........がしかし。
オチがつねづねおっちょこちょいの神に魅入られているヒデさん逆ミラクルとは。
そりゃもうケンコバ&黒田両氏のツッコミも甘んじて受けて頂かねば帳尻合わないくらいの。
単独ライブでならともかく、TVショーでここまで派手にうっかりヒデさんを披露されるなどとは油断も隙もあったもんじゃありません(ファン的に)
ヒデさんがやらかす場面を私は滅多に見たことがないんですが、その少ない中の1回が、やっぱりネプチューンとの絡みだったような気がする.....ネプチューンとヒデさんの間には目に見えないお笑い魔物でも巣食っているのかもしれん。

今回の「ネプリーグ」、ワッキーは私の勝手な予想以上に健闘しておられた!
でも頑張ってただけでは終わらせないのがペナルティ。あらゆる意味でどれだけ奇跡的なコンビなんだか.....。27時間テレビといい。

最後の面積の問題で、見ていた自分もヒデさんと全く同じ答えの導き出し方をしていたのはなるべく忘れる方向でいようと思います。
だって『おっちょこちょいな血液型』を略してO型ですもの(ウザ)
08/23
週刊ペナルティ
「検定ジャポン」でのペナルティとデビ夫人が、振り回されててんてこまいな従者(武人系)と傍若無人な女王様にしか見えなかった私です。
何が凄いって、ヒデさんとデビ夫人の噛み合わなさが。最強セレブは打っても響いてくれないのだ。頑張れ家電芸人。そういや黒髪のヒデさんは久しぶりに見た感じですよ。ステキ。

閑話休題。
先日ふと目に入った会社近くのパチンコ店。
90年代ジャンプ読者なら知る人ぞ知る「花の慶次」の前田慶次イラストが、ピンクの発色も鮮やかにどかんと外装いっぱい描かれているのを見て、
「うおー、めっさかっこいいな!原哲夫さんのイラストはこう、唇が小さくて端正なのがまたいいんだよな~」
とひとり惚けておりました。
しかしこういう唇の形はどっかで見たな、イラストじゃなく現実世界に存在する人で、ほぼ毎日見ているような.....ああヒデさんか。
マイPCの壁紙がファンモンの「ALWAYS」ジャケット写真で、立ち上げるたびに妙に照れてしまうなんてとんだシロモノだよコレはと痛い自分を忘れるように恨みに近い感謝の言葉をファンモンに対し心の中にてそっと呟いておるのですが、そう、あのジャケ写のヒデさんと原哲夫氏の描くキャラクター(非雑魚)の口元がよう似ておられるのですよ。なんというか.....しっとりとした色気?←自覚済みの痛さパート2。
原哲夫氏のマンガそのものに出てきそうなのは、どう考えてもワッキータイプの顔なんですけどね。顔の輪郭と鼻と口元部分だけで見てみたら、ヒデさんは原哲夫氏の二枚目キャラにいそうなつくりをしている。
結果、顔かたちというものは目の有りようがいかに重要かってことでしょうか(超失敬)

ペナルティの秘めたる外見的魅力を浮き彫りにし、認識させてくれたファンモンには大いに敬意を払いつつも、ペナルティは北斗の拳か奇面組かと問われれば断然奇面組だと思うですよ。
一堂零と冷越豪。まゆなし(あるけど)ヒデとまなこのワッキーか。
キャラの性格まるっと入れ替えればリアル奇面組リーダーとNO.2。あっちがヒデさんでこっちが零さん。こっちが豪くんであっちがワッキー。ややこしや、ややこしや。まあ実際歩けそうですなんですけども、ワッキーとか、足の裏毛で水の上。

それはそれとして、しかしやっぱり「ALWAYS」のジャケ写は奇面組である事を忘れさせてくれる、すこぶる突き抜けたカッコ良さですこと。ヒデさんもワッキーも。
溜息しか出ない。


08/19
お宝どっきりカメハメハ
ファイテンション☆テレビinスパリゾートハワイアンズ4週目にして、夏休み星人さんのほっぺたにあるやたらでかい黒点が老人斑ではないことに気付き茫然自失。
そして、それがクワガタだったのかカブトムシだったのか。たった今あやふやな記憶と戦いつつある私です。
よくよく見ると上手かったアレ。クワガタだったか.....カブトムシだったか.....(堂々巡り)

まずはT○BEの名曲を歌いながら登場の夏休み星人さんに朝からひと吹き。
子供達には「わけがわかんなーい」と一蹴されておりましたが、夏休み星人さんの妙が子供に分かってもらえないのはもはやしょうがない。もうかれこれ20年前の名曲ですよそれは。
しかししょっぱなからパチパチ弾け気味の星人さん、導火線の嫁ネタから引火し乱発暴発状態で、なお一層特別面白うございました。外さないなあ奥さんネタ。感動。

本放映の時期がお盆であることも多少関係していたのでしょうか、今回はキッズたちがそれぞれ大切にしている宝物を披露する、というテーマで、朝からなんとなく考えさせられるものがありました。
友達からの「ありがとう」の言葉が刻まれた鉛筆はステキだったな。
それなのにこの鉛筆を使ったショートコント脇田夫妻のオチは身も蓋もなかった。宇宙キャプテン先週に引き続きただしお盆期間中につきしめやかにドS執行中。

にしても、22歳の時のワッキーワンショット写真は、文句なしにかわいいな。
「ペナルティのひみつ」で、若人ワッキーの紅顔っぷりを知ったんだけど、あらためてかわいいな。
方向性に時代を感じさせながら、なんともまあかわいいな。
そしてそれを撮ったご本人宇宙キャプテンいやさヒデさん。テーマは宝物です(念押し)

---------------------------------------------------------------------

ところで、「ファイテンション☆テレビ」の最初と最後のジングル(?)『オブラディオブラダ』は宇宙キャプテンが歌っているような気がして、目は離せても耳が離せません最後まで。
テレ東が、聞き分けのない女の頬をひとつふたつ張り倒す勢いでずばんと否定してくれれば諦めもつくというもの。
しかしそう思い込んでいた方が楽しいっちゃ楽しい。
つまりはヒデさんの声好きすぎなんじゃなかろうか。
08/18
一介の歴史(時代劇)マニアはこう妄想する
ペナルティファン暦よりも大河ファン暦総じては歴史ファン暦の方が圧倒的に長い私です。
今日も今日とて、オリンピック観戦の合間を縫いながら「篤姫」を見ておりました。

そして毎年、大河ドラマにて楽しみにしている事がひとつ。
大河ドラマの芸人枠(?)にて出演される方々の役どころです。

以下大河(+時代劇)マニア節つたなく全開&レッツ願望に近い妄想forペナルティを繰り広げておりますので、くれぐれもご注意ください。


08/14
仁義なきアロハオエ
宇宙キャプテン&ファイテンション☆キッズ(←でよろしいのか?)と夏休み星人さんの間にレフアの花は咲いているのか、ど平日の火曜朝からロマンティックが止まらない私です。

ファイテンション☆テレビ夏休みスペシャルinスパリゾートハワイアンズは、アローハな開放的空間と星人さんのナチュラルハイがあいまって要所要所でだだスベリの危険性大だ気をつけて無謀なノールックパスきっちり受け止めて宇宙キャプテェェン!とかハラハラしてたら、そこはさすがに宇宙キャプテン。
仕事を忘れてボール遊びに興じる夏休み星人には顔面蹴り
仕事を忘れてウォータースライダーにはしゃぐ夏休み星人には放置プレイ
フラレッスン中縦横無尽に自由すぎる夏休み星人にはマジ説教
早朝の子供番組をものともせず宇宙キャプテンドS祭りです。
いやすごいなこの番組。「てんてこ ししまいくん」や「たたかえ!土管くん」みたいなフラッシュアニメを作るだけあって懐広すぎ。
大体ペナルティののびのびっぷりが尋常ではないような(だから面白いんだが)

「テレビ止めてください」後のヒデさんワッキーこんこん説教な画は、市船サッカー部ロッカールーム内の先輩後輩臭を漂わせてちょっと微笑ましかったなあ。
08/11
マッスルいただいた!
肉といえば、『はじめ人間ギャートルズ(ノットリアルタイム)』のマンモス肉が美味そうだったなーと思っていたけど、今やめっきり肉に執着しないお年頃になってしまった私です。しかし筋肉には執着する。
以下筋肉談義から始まります。ちゃんと「超いただきマッスル」の話題まで到達するかおなぐさみ。


08/09
戦うコント師
登山家はそこに山があるから登るのだと言う。
根っからのコント師であろう方々もまた同じ、コントの大会があるから参加するのだという非常に当たり前のような心意気で臨んでおられるのでしょう。

「キング・オブ・コント2008」。

コント師たちの戦いが見たいなあとコントファンとしてはしきりに思い続けていたのですが、開催されたらされたで、そわそわしてだんだんネガティブになっていくという悪循環に夏バテ上乗せでノックアウト。サッカー五輪代表男子も女子もヤワラちゃんすら負けるしな(無関係)
妙な動悸をやっとこ抑えてC-1サイトにいったら.....まあ当然ですよ、一回戦通過者の中にペナルティの名前はある。
私の大好きなこのコント師の実力を信じてはいるけれど、やっぱり初戦はなんとなし恐怖ですわ。
特に今はスピードが命のショートコントブームで、ペナルティも含め比較的長いネタを得意とするコント師方は目くらましの術に遭うんじゃないか、などとまっこと無知&余計な不安を掻き立てたりして。私よプロをなめんじゃないよ。
ただ、ちゃんとしたコントをするのにネタ見せ2分間っていうのは.....短すぎるんじゃなかろうか。諸事情があるとはいえちょっとね。
しかし条件はどのコント師さん方も一緒だから、体育会系のペナさんはそれを言い訳にはしないんでしょうね多分。
だからファンとしては応援してますのひとことに尽きる。

優勝は言うまでもなく一組のみ。
名だたるコント師さんを押しのけて優勝するというのは絶対に生半可なことではないでしょうが、出来うればC-1王者の冠を乗っけるペナルティのふたりを見たいもんだと心より思っております。

ところで一回戦でのペナルティのネタ。相変わらず名を体で表すものだったようで安心いたしました。
クールポコリスペクトは本気だったんだ.....どこまでも反則的。度外視。恐ろしや。
Copyright © 2005 反則ファンタジスタ.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。