すみっこなペナルティファンブログ
09 * 2008/10 * 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/24
魅惑の綾小路D(+パスカル先生)
「ファイテンション☆テレビ」の綾小路Dといい2006年単独コントの「BBQキャプテン」こと馬辺久といい、胡散臭さぷんぷん撒き散らすヒデさんキャラに、心酔による賛辞を惜しみたくない私です。
「ファイ☆テレ」について申せば、火7.5と土曜夕方のBSジャパンでの再放送、そしてDVD録画分と少なからず3回は観賞必至で、それもこれも全ては綾小路Dのさぐりさぐり時々やんわり毒針トークとまれに繰り出す唐突にしてキレのあるフェイント動作に魅せられた故の仕儀。その一挙一動から滲み溢れる怪しさがもはや辛抱たまりません。まさしく虚像という名のアイドル、綾小路D。ああうさんくさステキサングラス男子。
第3クールに入った「ファイ☆テレ」、これからのバラエティパートの発展と綾小路Dの綱渡り的行く末が非常に楽しみでございます。言うまでもなく、15歳(自称)なのにちょいと場末の姉さん風味ワッキーナちゃんとニコモちゃんたちの絡みもいろんな可能性をはらんで胸キュンスキトキメトキス☆★

ちなみに私にとっての「ファイ☆テレ」押しも押されぬ二大アイドルは、綾小路Dとパスカル先生(from『たたかえ!土管くん』)です。
この理不尽な存在感へのぞっこんぶりは尋常じゃない。

スポンサーサイト
10/18
熱い年末九州にカモン
バッファロー吾郎さんの優勝で幕を閉じたコントイベント「キングオブコント2008」。
幸福感と一抹の寂寥感を私の中に刻んだこのお笑いイベントのコントツアーが六都市で開催されるという情報を耳にし、久々「キングオブコント2008」のHPを覗いてみたら、なんとなんと、私の居住地域である九州では福岡・鹿児島と二都市で行われるそうではありませんか。
どうやらひとつの都市に、KOCファイナリストと準決勝進出者合わせた4、5組が再集結しコントを披露するとのことですが、かてて加えてありがたいことに、その九州の二都市公演ともにペナルティが参加してくださる模様。むはーっ!!吉本さまナイス!(しかし九州出身のロバートが地元凱旋しないのはどういう了見か)
とはいえ九州、交通網が万全とは言いがたいザ・地方の上なかなかに侮れぬデカい島なので、コンパクトかつ速やかに東西南北動けるわけではありません。特に私の居住地は陸の孤島と行っても過言ではないほどシビアな場所のため、余程時間と財力に余裕がない限り、ペナルティ二日間二都市追っかけはどだい難しい話というものです。
ひとつの都市に絞るとなると断然隣県である福岡公演の方に照準を合わせるべきなのですが.....どちらにせよ見事に平日なんですね.....そして週末夜。しかも師も走る忙しさの12月。八方ふさがりのマイナス条件にこれといった活路を見出せないワタクシ。
しかししかし、2008年の暮れに生ペナルティを堪能して良い一年の締めくくりをしたいではないか。そんな冷静と情熱の間のワタクシ。
まあそれもこれもプレリザーブでチケット奪取してからの話なんですけどね(取れなかったら諦め肝要)

今週は先週にも増してペナルティの出演番組を見られずじまいです。
火7.5の「ファイ☆テレ」ぐらい?←最近「ファイテンション☆トーク」と「土管くん」&「大便小僧」さえ見られれば一週間頑張れる自信付。
唯一「アメトーーク」の今週録画分だけは見おおせました。ワッキーのあの扱われ方はこうなったらもうデフォでひとつヨロシクってことでいいんでしょうかね。
ペナルティの成分は永遠のおにいさんとクソス(以下略)にて成り立っています.....か?(「アメトーーク」比)
10/11
鉄人と傷だらけのローラ
一日一ペナルティを心がけている私としましては、ペナルティの出演番組がない日はDVD録画分を掘り起こしては二度見三度見構わず見倒している次第ですが、あらゆる疲労がこの一週間でピークに達したことと木曜日のペナルティラッシュアワーが重なり、DVDにため込み放題のままここ2,3日は前述の目標を果たせていない有様でございます。
そんな中で、やっとこさ見おおせたテレ東系のふた番組の感想を。

10/04
ゆるゆると1年目突入
ペナルティファンになって1年が経ちました。
もともと熱しやすく冷めにくい、どちらかといえば粘着質な気質ですが、数年ぶりに天井知らずのファン探究心を湧かせております。
昨年の秋放映の「芸能人スポーツマンNO.1決定戦」をきっかけに、それまであまりテレビを見ていなかった私が、ペナルティを求めてブラウン管にかじりつくようになりました。
ファン歴1年経過の先月9月、唐突の踏ん切りではあったものの念願のDVDレコーダー購入、それとともに今まで体力的に諦めていた「パフォー!」を除く深夜帯のペナルティ出演番組を網羅できる幸せに、ますます否応なく昂ぶるペナルティオタク道追求です。
一層の暑苦しい探究心向上を誓ったところで、先週ウチの地元で深夜帯に放映された謎のペナルティ冠特番の感想、さっくりいかせていただきます。
Copyright © 2005 反則ファンタジスタ.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。